海外事業   ケアリング

HOME > 海外事業 > 海外事業

caring_top1.gif

海外事業

済州国際自由都市開発センター

ケアリングは、2007年より大韓民国の国家機関である「済州国際自由都市開発センター」(Jeju free international development center =JDC)との間でMOUを締結し、済州島のおける「ヘルスケアタウン事業」(総事業費800億円)の日本におけるコンサルタントをおこなっております。この事業は済州島に国際的な医療と介護と健康をサポートする複合施設を作り、世界の最先端の医療従事者や技術を誘致し、外国人も治療や療養に訪れるような国際的な医療拠点にしていこうという計画です。

1CIMG3705.JPG1DSCF0288.JPG1DSCF0315.JPG

株式会社ケアリングC&J (Caring Corea &Japan.Co,Ltd)

IMG_0455.JPG ケアリングでは、2007年に韓国ソウル市に支店を設置し、2012年4月には現地法人として「ケアリングC&J」(金錫泳 代表理事)を設立いたしました。事業内容は、JDC事業のコンサルティング、2008年から開始された韓国の介護保険である「長期高齢者療養補償制度」のもとで介護事業のコンサルティング、ゴルフ場の管理、プロゴルファー養成などスポーツビジネスと多方面の事業展開をおこなっております(外投法人NO.34425)。

アジアでの介護事業、コンサルタント事業の展開

 ケアリングの海外事業は国内外に広く注目をあびております。2010年には大前研一氏が主催する「向研会」様より招致をうけて、済州島で開催された「夏季セミナーにおいて講演をおこないました。
 2010年2月に大阪で開催されたJDC主催の投資セミナーを主管し、国内の大手商事会社や国際的医療メーカーなど参加を得て、成功裏に開催されました。現在、この済州島における「ヘルスケアタウン」事業のコンサルタントの実績により、2012年7月、国内の大手農機具メーカーとの間で介護事業コンサルタントの契約を受託いたしました。
 2014年5月には、上海で開催された中国最大の福祉機器展「CHINA AID」に参加し、6月には「上海市虹口区社会服務中心」(社会福祉協議会)のメンバーがケアリング社に視察に訪れ、中国での介護事業、福祉用具事業の展開のためのレクチャーをおこないました。
 2014年12月には、日中韓の連携した福祉用具ビジネスのため、ケアリング社代表が台湾を訪れ、協議をおこないました。ケアリングは、アジア全域での介護事業のコンサルタント、福祉用具事業の展開に向け、前進しております。

3CIMG3685.JPG2014-06-04 16.38.59.jpgIMG_1785.jpg